記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住むのに手狭になってきたマンショ

住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、購入の契約を結ぶ時に印鑑証明書(及び実印)がいるのを恥ずかしながら、知らなかったのです。親が私の代理で印鑑登録を申請してくれてはいたものの、違う市から転入することになる今回の場合は、引っ越し先の市役所とか出張所にて登録をやり直しておく必要があるわけです。仕方がないのでバタバタと登録しに行って当時は結構うろたえました。今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくか手放すのかが悩みの種です。ピアノを使わない予定なので場所をとるだけの存在です。一方、捨てるというのも無料では済まないだろうし、本当に悩みどころです。無料で譲ることも考えましたが、そういう方もなかなかいないものですね。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入する市区町村の役所に行き、転入届を出すのです。当然ですが、転出届がないと、転入届の提出もできないことに気をつけないといけません。これを忘れると他の手続きも進まなくなるので引っ越し後、できるだけ早く手続きをしておきましょう。自分は単身世帯の引っ越しだったので、大きい家具だけ業者に運んでもらい、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。荷物の移動が一段落したところで、市役所に転入届を出しに行きました。どうしてもばたばたするものですが、何人もの方が協力してくださり、人のありがたみを知りました。どうにか当日中にご近所に挨拶して、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。同じ町内など、引っ越し先が近い場合は専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを転居先に運びこみましょう。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことでたくさんの荷物を運ぶことができます。大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をだいぶ節約することができます。
引っ越し 見積もり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。